2021年09月12日

2021年9月11日(土)稽古

家の無線LANルーターを変更した。
今まで使っていたものは、いつ買ったかも覚えていないが、10年以上前になる。
たまに不調になって微妙につながらなくなって再起動したり、
あやしい挙動をしていたので、思い切って買い替えることにした。
Wi-Fi 6は、まあいいかなと思い、とりあえず安めのWi-Fi 5で選定。
どれに買い替えてよいのかもよくわからなかったが適当に希望に合いそうなものと
価格とよく売れているものを選んだ。
先日届いて設定をしたが、今のところかなり快適になり、ストレス低減!

稽古は、いつもの小太刀から。
ちょっと工夫して、剣の斜からの袈裟斬りの観点を小太刀の素振りで行っているものを
取り入れて行ったところ、遅れることなくダイナミックにできる感じがあった。
よくわからなかった斜からの袈裟斬りが、なんとなく楽しくなってきそう。
小太刀の素振りなど、古武道の普段行っていることの範疇を越えなければ、
いろいろとやらせていただいて、評価してもらえるところは
先生にはありがたい場を与えていただいている。

杖の素振り、基本の動きと型を少し行った後、剣。
中心立と受流。自身の受けの形を確認したが、なかなかまだ決まり切っていない。
両方同じ受けでいいのか、少し変えたほうがいいのか。
おそらく同じ感じでよいのでは、と最近行っていて思うが、またいろいろと試してみたい。

最近は打太刀の感覚を全体で確認している。
回数をやらないことにはつかめないため、できるだけ経験してほしい。

IMG_3677_uchidachi
相手の中心にしっかり打ち込むことが基本。

Hiさん、受けはまだ慣れていないながらも、相手の中心に入る感じがかなりよい。

Kちゃん、受けの感じが受け入れぎみになることが多いが、
基本的に一致しているので、相手を取る感覚に自信が持ててきたらかなり良くなると思う。

でんこ

17:02|Permalink

2021年09月11日

2021年9月8日(水)稽古

仕事がうまいこと途切れたので、このスキにとっとと会社を出てしまい、
稽古に参加。

この日は小太刀から始まり、杖、薙刀の稽古。
道具がだんだんと長くなっていく感じがおもしろい。
小太刀は小さな動きでも動かせてしまうが、
そこをさぼらずに大きくのびやかに動かすことで小太刀をさらに活かせる。

薙刀は逆にしっかり体を動かさないときちんと振れないことが明確。
しっかりのびやかに動くと、長いものを動かしているのにそれを忘れてしまうような
一致感が得られる。
薙刀に乗って流れるように動けたと感じるとき、とても楽しい。
あとはやってやった、という思い込み(^^)。

型1本目はいかに流れに乗って打太刀の腰を仕太刀が刈れるか。
めざしさん、だいぶいい感じに。

流れに乗るのは3本目も。こちらはまだ自分も勝手に動いてしまいがち。

いろいろとやるべきことを考えすぎなのと久々なこともあり、
型がすぐに出てこない。。。特に打太刀と仕太刀が混ざる。
もう少し稽古しなくては。

ますこさん、久々で薙刀はあまりやっていないので型の手順は覚えていくにしても、
それぞれの動きはポイントを押さえていてかなり良い感じでした。
簡単には取られない感じがしっかり出ていました!

DSC_0115_naginata


でんこ

14:03|Permalink

2021年9月8日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは。
お久しぶりでございます。
昨今のさまざまな状況を鑑み、しばらく稽古をお休みしておりました。
またブログをお騒がせいたします。先生とでんこさんのブログの中に、こんなゆるいのがはさまって大丈夫か?パン屋さんのサンドイッチの中に時々なぜか1枚入っているパンのよう…あの、大丈夫じゃなかったら言ってくださいね。

2021年9月8日(水)の稽古に参加しました。
この日はでんこさんの素振り、薙刀の素振り、薙刀の型の稽古。
でんこさんの素振りは小太刀で短く、薙刀は長く、しかしどちらも全身をダイナミックに使う動き。なまりきった体に呼吸と血流が行き渡る感覚が嬉しい。
薙刀の稽古は会場の広い土曜日に行われることが多く、基本水曜日参加のわたくし、実はほぼやっておりません。多分、片手で数えられる、くらい?
ほぼやっていないし、長くて重い薙刀、なかなか思うようにいかない。のですが、なんだか、とても、好きなのです。
私がそえばそうほど、道具が力を貸してくれる気がする。
他の道具もみんな同じ、でも、長くて重いから、小手先で扱えないから、自分の勝手なごまかしが効かないのがよくわかる、気が、します。
だからといってすべて委ねてしまうとあらぬ方向へ行き、ここには当然「わたし」がしっかりある必要がある。
面白いです。
あと単純に、ビビりなので長い薙刀が頼もしい、というのもありますね、ハイ。
型は、1本目は覚えました!(すみません、本当にすみません)
頭上でくるくると回している時、武蔵坊弁慶の姿が思い浮かび、弁慶の薙刀はどんなだったのかなあ、なんてふと思ったのでした。

稽古に参加できて幸せ。
ありがとうございました!

薙刀が振れるような、天井の高い家に住みたい!

ますこ

02:14|Permalink

2021年09月07日

秘伝の稽古法

 タイトルはもちろんネタですが、「秘伝の~」という言葉にはどこか甘美な!?響きがありますよね?
 え?ない!?
 そうかな~

 余談はさておき、最近当会では稽古の導入に、でんこさん考案の秘伝の素振り!を振るのがブームになっています。
 腕の素振りや呼吸を用いたエクササイズなど、私が工夫したり紹介してきた基礎のあれもこれもそれもが、シンプルなでんこさん素振りに集約されてしまった感じなのです。
 これがセンスの差というものか…

 まあ、よいものはよいので仕様がありません。
 会員のみなさんは、ぜひ興味をもって取り組んでみてくださいね。
 一人稽古に、ほんとにおすすめです。

 また当会の剣術の核になっている技術を練る稽古についても、でんこさんの着想から新しい稽古法による検証が始まりました。
 これが灯台下暗しというか…私自身、目から鱗の体験をさせてもらうことができました。
 この稽古を通して、古参のメンバーの打太刀の感覚のレベルアップが図れる予感があり、とても楽しみです。
 これも会員のみなさんは、時間がある時には積極的に私かでんこさんを捉まえて、感覚の確認をしてみてください。

 ちょっとうれしくて口が滑りすぎてしまったけれど、たまには?いいでしょ、ということで。

 お猴 

21:03|Permalink

2021年09月06日

2021年9月4日(土)稽古

雨っぽい日が続いている。何となく外に出るのが億劫な中稽古に参加。

小太刀で体を大きく動かしてから受身、杖。

杖は都合により短いものを使ったが、だいぶ感覚が違っていた。
あまりうまくいかなかったが、違いをすぐつかんで動けるようになりたいものだ。

剣は基本的な動きを中心に確認した。
稽古後にさらに中心立と受流の詳細を確認した。
先生の打ちが何か確信をつかんだらしく、かなり打ちがシビアになっていたこともあり、
自分があまりうまくいかない部分がかなり浮き彫りになってきた。
体、とくに左腕のこわばりと、はじめの受けが甘くなっているようだ。
もう一度見直す必要あり。

めざしさんとHoさん、かなりうまい。
Hoさんは受けはまだ少しいろいろあるものの、しっかり中心に立てられている。
2人とも仕太刀がうまくいっているため、打太刀の感覚も稽古することでつかんでいけそう。

前回の稽古時の写真。しっかりと中心を取っていく。
IMG_3651_2

でんこ

12:11|Permalink