2023年08月27日

2023年8月26日(土)稽古

腕を蚊に刺された。
両腕で最近10か所ぐらい刺されて残念な気持ち。
しかも二の腕の内側に2か所ほど刺されていて、生活していると体と擦れる。
そうすると当然かゆくなる。
治りかけていそうだが、毎日気づくと擦れてかゆい。
プチっと刺されたところに水泡ができたのだが、それがつぶれるとさらにかゆさを増強している気がする。
もう数日続いており、当然他より治りが悪い。
長めの半そでを着たときは、袖と刺されたところが擦れて最悪。
絆創膏でも貼ってみようかと思ったが、意外に広範囲だし、貼った境目がかゆくなりそうでまだ試していない。
キンカンや軟膏を塗ってしのいでいる毎日。


稽古
・半身のための体の動き確認(素手、杖)、受身、転換、歩法など

柔術
・半身突き避け捌きから転換入からの、投げ(回転投げ、入り身投、崩し)
突きの体勢に合わせて相手を崩していく。
方向を考えつつも、相手の崩れの方向に自分の動きを合わせていく。

めざしさんの取りまとめ
・素振

jo_suburi2
合わせて素振り

・基本やり取り:上段打受、突き回転払
・初伝3、4本目
型をやっているときも、相手に入り込むような伸びや感覚があるとよい。

剣術
・素振、剣の流れに乗る素振り(両手、片手)
まずは剣に乗って一致した動きを行えるようにする。
その先に斬りを見据えた動きができるとよいのかも。
・小太刀初伝2、3、4本目
打太刀が打つ間の確認。

kodachi_syodenno3
しっかり踏み込んで狙ったところに斬り込む

仕太刀は受けつつ相手を取り切るように入り込む。

kodachi_syodenno4
打太刀が頭を狙ってくるところを小手を取る

重さんの打つ間はかなり良くなってきているように思う。
形もよい。あとはまずは広い視野。

居合
・壁に向かって斬上
・斬り上げからの袈裟斬、右斬り上げからの斬り、立居合2本目

斬り上げは、居合刀が長い分、抜ききれずに剣先が遅れる。
まだ体捌きがサボっているところがありそうなので、練っていきたい。

でんこ


18:25|Permalink

2023年08月26日

2023年8月23日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは〜
酷暑の夏です(知ってる)。
先日、歩いている時に鼻血が出ました。
びっくり。
とても暑い日で、注意はしていたつもりだったのですが、のぼせていたみたいで、知らないうちに熱中症になるってこういうことか!と思いました。
処暑を過ぎ、不思議と暑さも少しやわらいだように感じますが、まだまだ油断禁物ですね。
怖くてティッシュが手放せない今日この頃。
IMG_7610
まったく関係がないですが夏の証拠?に古代蓮の写真を貼っておきます……

2023年8月23日(水)の稽古に参加しました。
この日の稽古、
体術・柔術:半身の入替(木刀を使って、そのまま)、半身構え、歩法、受け身、受け身の誘導、半身突き避け(ゆっくり突き込んでもらう)、転換、側面入身
杖術:巻きと受け(大きく、小さく、進みながら)
剣術:素振り、斬り落とし止め、斬り落とし先後、斬り落とし歩み寄り、上伝6本目
居合:壁抜き、壁抜き(切上)、切上、初伝裏4本目、立居合2本目、
最後に推手の変化(片手で突きと吸収)、などなど

別日の稽古ですが、手首を掴んでもらって上げる時、いつも肘が開いてしまうのですが、もしかして、私のこの年季の入った巻き肩に原因の一因があるのでは!?と思って、最近、気にするようにしています。
といっても無理やり肩の位置だけを直そうとすると力が入って本末転倒になってしまうので、肩甲骨やら、胸骨やら、鎖骨やら、腕の外旋やら、あちこち動かして力を抜いてみているのですが、前置きが長くなりました、この日の稽古は、その感じで半身を取ってみたら、今まで感じたことのなかった爽快感がありました。
あれ、私………軸、立ってなかった?のか??
半身突き避けや側面入身の時、半身をうまくきれた気がしました(転換の時はうまく行かなかった)。
う〜ん、これは要検証だ!私の軸探し!
杖術、上段の受けから相手の杖を大きく返していく、凪さんと。
凪さんの杖がすごく重くて、返せなくて、でも凪さんは普通に構えているだけとのこと。
つまり私の攻めている角度や方向、体の使い方が正確ではないということ……難しいけど、自分のできていないところが明確になるのでとてもありがたいです。
(私はそういう受けができているのかなあ…と反省も)
剣術、上伝の6本目は相変わらず魂を削られています……。
居合、壁を利用しての切上げの確認。
肩甲骨がつりました。
おかしいな……(前置きのとおり)肩甲骨を動かしてるはずなのだけど……。
柔らかさも足りず、動かす範囲もたいして動かしてはいないということにほかならず。
自分が思うよりも、もっと大きく、もっと大胆に、動かしていかなければなあと思うのでした。
多分、自分の想定よりも、動いていない。

ますこ

15:11|Permalink

2023年08月20日

2023年8月19日(土)稽古

休みの日は頭が痛くなることがたまにある。
おそらく寝すぎのせいらしい。
ネットで見ると、「片頭痛」と「緊張型頭痛」があるらしく、対処法が片頭痛は冷やし、緊張型頭痛は温めると真逆らしい。
どちらも当てはまるだけに、どちらをやるべきか。。。
よくやってしまうのは、頭が痛いのでさらに寝る、ということ。
まー最悪である。
昼間はそんなこんなで無駄に時間を過ごし、夜になって直ってきて快調になり、夜更かしをして寝不足となり、そのまま週末を迎え、まただらだら寝過ごして頭痛を起こす、という悪循環。。。
普段の生活を見直すのが一番だが。。。


稽古(取りまとめ)
相変わらず暑い日だったが、稽古で汗をかくことでちょっとすっきりする。

基本の動き
・鳥船、呼吸、ストレッチ
・受身各種、歩法、膝行など
・突、蹴、打、半身の確認
・転換(腕の振りに合わせて)
・小太刀の素振り
・半身突き避け
半身突き避けは、今回も手を付けずに体のみでかわすことを行った。
しっかり突きをもらう、もらって避ける分だけ動く。

柔術
・上段打ち入り身投げ(両手廻しバージョン)
相手をとらえて両手の袈裟斬りが行えればいいのだが、それが相手を崩さなくてはという思いにとらわれて、なかなか難しい。
・諸手取り袈裟斬り
相手の腕を剣のように両手で持って斬る。
腕で引っ張らずに緩みを伝える。
jujutsu_morotedorikesagiri
体全体での斬りを相手に伝える。

・片手取り袈裟斬り上げ
居合の斬り上げとほぼ同じ太刀筋で崩す。
鞘引きをきちんと行えることの確認にもつながる。
jujutsu_katatedorikiriage
左手で引っ張らずに体の変化を伝える。

今回斬り上げをあまり活かす動きにしていなかったので、次回はそこも入れて確認してみる。
このほうが崩しやすいかも。

皆さんあまりやっていない稽古だったが、うまいことかけていた。
重さんもうまいところはうまかったが、相手の体が残ってしまった時に、置いていかずに追いかけられ続けるとさらにうまくかけられると思う。

・素振
・初伝素振り、合わせ
久々のため、手順を思い出すところから。
1つ1つの動きをまずは丁寧に行い、やるべきことがやれるとよい。

剣術
・素振、剣の流れに乗る素振り(両手、片手)
・斬落止、斬落
・剣の抜と押さえ
・中伝裏2本目、初伝裏

稽古後に凪さんに斬落止の確認をしてもらった。
斬り割ろうとコントロールすれば、取られていそうな感覚はする。
剣の重さを活かすときれいに斬り割れるがその後のフォローができていないと取られた感覚が薄くなる。
剣を活かしつつ、剣に置いていかれないように体を作っておくことが大切そうだ。

居合
・腹抜、縦抜
縦抜は今回もとにかくゆっくりやってもらった。
安定させようと努力している姿勢が見られてよかった。
手元が先に落ちてしまう傾向が見られた。

・初伝表2本目、心の型1本目(もしくは初伝表1本目)対人
上段で寄ってくる相手の打ち込みを許さないように抜きつけて小手を取り、すかさず斬りをかける。
相手が寄ってくるため、思っている間合いよりも早いときに抜きつけることで間に合う人が多い。
今回は、Niさん、Kちゃんがとてもよかった。
また、小手を取った後次につなげる意識も持てるとよい。

iai_kokoro1taijin2
適切な間合いで鋭く抜きつける。

凪さんも言っていたが、寄る側もどこで打ちかかるか、また今回取られたかこちらが取っていたか感じ取ることが重要で非常に学びになる。
やみくもに打ちかかれば取れるかもしれないがお互いの学びにならない。

稽古後に凪さんに岩手、宮城旅行のお土産を皆さんで堪能。
ありがとうございました。
tohokumiyage

でんこ


16:44|Permalink

2023年08月13日

2023年8月12日(土)稽古

先日マイナンバーカードの更新をした。
保険証も何となく勢いでつなげてしまったが、対応している病院や薬局がまちまちなので、結局保険証と併用して所持しなくてはいけないところが、ちっとも便利になっていない。
最近いろいろと不安要素もあるのでやめるという選択肢もあるが、今後便利になると期待してとりあえず続けたままにしていた。
更新もネットでできず区民センターなどに行かなくてはいけず面倒だが、別の用にくっつけて有給休暇を取得して出かけた。
やはり待たされたが、この待つ時間に読まなくてはいけないものや出先でもできるちょっとしたことをもっていってやっていると、むしろはかどり、しかも待ち時間が短く感じる。
更新自体は職員の人がPCでちょこちょこっとやって終了なので、家でカードリーダーでできるようにすればいいのにと思わないでもないが、出無精なので、こういうきっかけがちょこちょこあって、出なくてはいけないぐらいのほうがまあいいのかもしれない。


稽古
・体を整える動き、受身、半身、転換、歩法など
今回も腕の振りに合わせたものを多く取り入れた。

柔術
・働きかけに対する受(膝立ちで背中から押す、足を抜く、立で前から押す)
押された流れで崩れればおのずと柔らかく崩れる。
jujutsu_oshiuke
押された流れで自然に動けるよう身構えずにいることが必要。

・転換からの誘導、諸手取からの転換切崩し
転換をしっかりやり切ることで相手を導ける
・中心突き込みと受(座、立)
体をしっかり乗せて相手の中心に突き込む、相手はそれを両手で受ける。
肩をつい抜きがちになるが、そこをどうこうと気にせず、居合の鞘引きのようにしっかり半身を切ることで体で一致して突き込める。
Bさんのえぐい受けが、さすが百戦錬磨を経験しているだけのことはあった。
(基礎稽古としては、ちょっと疑問が(^^))


・素振:八相返
・受けからの押さえ交わし連続、袈裟入と受、突の受と巻返連続
・中伝10本目
Bさんとやり取りをすると、相手に入るために強いつながりは必要ないのではと感じさせられた。

剣術
・構、素振、正眼取合、斬落止、斬落
正眼取合、斬落止、斬落とも、相手の中心を真っすぐ押さえる、真っすぐ斬るだけなのだが、それがいつもできない。
つい払ってしまいそうになる。
真っすぐ斬ることの難しさを常に痛感させられる。
kenjutsu_seigantoriai
まずはとにかく形を取り、それを保てることから。

居合
・壁に向かって斬上
・初伝六太刀4本目、初伝裏2本目
斬上から立てて斬るところが、居合刀が重いので気を抜くとつい廻剣になってしまう。。。

2尺8寸5分の居合刀の鯉口がすっかり緩くなってきてしまった。
腹抜や納刀など、あとちょっとが物理的な限界なのか、体が緩んでいないからか抜けきれない、入らないので、鯉口をちょっとかする感じになる。
稽古している証と言えばかっこいい感じはあるが、単に抜けてないといえばそうなので、居合刀の傷みが激しくなる前に、何とかうまく抜きたいものだ。

でんこ


18:22|Permalink

2023年08月06日

2023年8月5日(土)稽古

気になっていたパン屋さんでパンを買った。
だいぶ前に店が新しくできる様子を何度か前を通ったときに見ていて、どんな感じか気になっていたが、時間帯やきっかけがなく買わずにいた。
たまたま休日外に出たときに、昼ご飯をどうしようかと考えていたら店の前を通りかかり、お、これは買ってみたらいいのでは、と思いつき入ってみた。
ちょっとハード系のパンが多めで、具も凝っており、おいしそうなパンがずらり!
目移りしながらもいくつか購入。
ただちょっとお高めで、昼ご飯向けのパンで2,000円弱。
家で食べたところ、どれも美味しくて満足!
まーパンとしてはお高くてしょっちゅうは難しいが、たまの贅沢としてはありかな。


稽古(取りまとめ)
この日は花火大会があり、稽古場が同じ区域でもあったため、浴衣の人が多く歩いていた。
(ニュースで見たら、途中で火事が起きたらしい。。。)

基本の動き
・鳥船、呼吸、ストレッチ
・受身各種、歩法、膝行など
・突、蹴、打、半身の確認
・転換(腕の振りに合わせて)
・小太刀の素振り
・半身突き避け
半身突き避けは、手を付けずに体のみでかわすことを行った。
手で払うようなごまかしが使えず、逃げると追われるため、きちんと半身を取り、相手を取る意識がかなり要求される。
皆さんそれなりに形はできていた。

柔術
・肩抜落とし
腕をつかんで肩の状態を確認して落とす技だが、落とし方をさらに整理して3種類行った。
相手の中心にコンタクトし続けることもそうだが、体全体を使うと意外とうまくいくようだ。

・上段打ち小手返し
通常の技のかけ方と、両手を回して斬りをかけることを今回も行った。
両手の斬り上げができていれば、小手を取れなくても崩せる(違う技になってしまいそうだが。。。)。

jujutsu_jodanuchikotegaeshi
体全体で躊躇なく斬り上げられればこの後捌ける。

・素振
・突きに対する払い、巻き落とし、打ち落とし
杖の受の形が慣れていないと難しいため、まずはそこから。

剣術
・素振、基本受、袈裟打確認
・斬落止、斬落
・斬返
・初伝裏

居合
・腹抜、縦抜
縦抜は今回もとにかくゆっくりやってもらった。
Niさんが全体的に均一な早さでしっかり頭の上を剣先が通っていて非常にいい感じだった。

・初伝表2本目対人
上段で寄ってくる相手の打ち込みを許さないように抜きつけて小手を取り、すかさず斬りをかける。
間合いを学ぶことも重要だが、こういった意識を持ちながら、一人で居合を行う時もできるとよい。

iai_shodenomote2taijin
打ち込む小手を取る間で抜きつける
(長尺の居合刀をさしたまま動いたら、重くてずるずるになってしまった。。。)

でんこ


17:14|Permalink

2023年08月05日

2023年8月2日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは!
眼鏡を新調しました。
私の眼鏡、我が家の愛猫が奪って押さえつけてツルをガジガジに噛んでしまうので、ボロボロだしゆがむわゆるむわで……新しい眼鏡はこの際いろいろな危険から死守しようとなるべく頑張っています。
そんなわけで、この間から、稽古の時も裸眼にしてみています。
裸眼視力0.04なのですが、大体大丈夫な感じ。
期せずして、全体をぼんやりととらえる稽古になっていたりして…。
image0
顔を近づけると前足でシャッと眼鏡を跳ね上げて奪い取る、にゃんこ先生の達人技とたたかう日々です(そもそも顔を近づけなければよいのだけど、もふもふしたいからうっかり行ってしまうんだなあ〜)(このあとも眼鏡を取られました)

2023年8月2日(水)の稽古に参加しました。
この日の稽古、
体術・柔術:真ん中に立つ、足の入れ替え、歩法、膝行、受け身、受けの誘導(後ろから押してもらい前受け身をとる)、座りで取られた両腕を上げて崩す技(そのまま)、三角入り、
杖:素振り(直突き、返し突き、八双受け)、中伝5本目、8本目、
剣術:構え、素振り、上段の打ち受け合わせ、下段受け中心立て、初伝六太刀の5本目、6本目、中伝表の1本目、2本目
最後に、座りで取られた両腕を上げて崩す技(崩しをかける)、などなど

重心を真ん中にセットする立ち方を教えていただいてから、普段からもなるべく意識してみています。
楽なのは後ろ重心なのだけど、意識して立ったり歩いたりしていると、6月、7月と悩まされていた腰痛、背中痛が軽減されてきたような…。
杖、中伝5本目の仕太刀はあせってしまって杖を十分にすべらせられていないので気をつけたいです。
剣術の素振り、先生と向かい合わせでやらせていただいた。
叩くようになっているとのこと…なかなかこれがわからなくて、「斬る」ということを理解できていないのではないかと思う。
ひたすら「振っている」のかな…。
めざしさんの斬り素振り(めっちゃ斬れる)をこっそり拝見しつつ、何が違うのかなあ…と。
とりあえず、私、最後に左腕を引いてしまっているのは良くないような気がする…うーん。
剣術、中伝表1本目の小手を狙う側、鞘から木刀が抜けなくてあたふた、間に合わなくて、でんこさんの上段を受けきれずつぶれてしまう。
歩きながら抜くの、ほんとーに難しい!

ますこ

17:08|Permalink

2023年07月30日

2023年7月29日(土)稽古

OSをWindows11に変更した。
PCが無償入れ替え対象だったため、今まで何回もインストールしろしろとPC起動のたびに出てきていて、何か問題があったりソフトが対応していなかったりしても困るので、様子を見ていたが、意を決して入れることとした。
今のところ特に問題はなし。
使い勝手もそこまで変化なし。
壁紙が勝手に単色になってしまったため、何か設定しようかなとWebで探してみた。
あるサイトを見てみようとしたところ、ロボットではないという許可を求めていたため、OKを押したら、
このPCは安全ではないのでここへ電話しろ!
といった内容のワーニングが出続け、作業が何もできなくなってしまった。。。
いかにもmicrosoftから出しているような書きっぷりだったが、どうにも怪しそうなので、スマホで調べたところ、やはりサポート詐欺っぽかった。
microsoftが電話番号を書くことはないらしい。
タスクマネージャーからChromeを終了させればよいとのことなので、実行したところ何とか消えてくれて、作業ができるようになった。
ただ、Chromeを立ち上げたときに変なポップアップが出るようになってしまったので、とにかくポップアップ停止をするようにして、何とか今のところなっているが、何かまだ抱えているのでは、とちょっと不安なままPCでの作業をしている。。。

ルンバは意を決して動かした。
高くて超えられないマットをどかしたり、あちこち片付けたりしてONにした
(この片付けが余計なのかもしれないが。。。)。
ルンバがいたところの下がかなりホコリがたまっていた。
だいぶ活躍してくれたので、何とかまた活躍させたいが、どうだろうか。。。


稽古
・鳥船(応用)、受身、半身、転換、歩法、膝行など
腕の振りに合わせたものを多く取り入れた。

柔術
・座りで中心に手を合わせて相手に入る技
入りながら合わせることを試みていたが、稽古後に凪さんと確認したところ、まずは手をしっかり合わせてから入ったほうがよさそうだった。
凪さんの捉えどころがないところは、最後の入りまで安定できればかなりすごいことになると思う。
・手解からの崩し
手解きは相手に合わせずぎず、崩しは両手がバラバラのことを行わないように、相手と同調して動いて崩せるようにする。

居合(めざしさん取りまとめ)
・壁抜、腹抜、腹抜突、縦抜、斬上、横刀
・初伝六太刀2、3、5本目(腰を落として)
基本の抜きはまとめてだったのでどう抜いていくかちょっと迷ったが、初伝六太刀は時間を取ったので丁寧に確認できた。
iai_mezashisankeiko

剣術
・構、素振(基本以外のもの)、袈裟入受、斬落止、斬落、袈裟斬落止
Niさん、初めて行う構が多かったが、すぐに形が取れていた。
斬落止、Kちゃんは相手を取る気が出てくるとかなり良かった。
前回稽古だが、ますこさんも始め斜めっていたので真っすぐ振ることに気を付けてもらったら、普通に剣が割られた。素晴らしい。
(特にぱしっとやる必要はない気が。。。)

攻防
・相手の肩を両手で触りに行くことの捌きの繰り返し(内と外)

今日は2尺8寸5分の居合刀がちょっと抜けた。
納刀のしかたがちょっとわかってきたが、ここからが今後続けていくことで稽古になるかならないかの分かれ目のような気がする。
ただ、まだ納刀は苦労するため、抜くたびに、またこれを納刀しないといけないのか、と一瞬頭をよぎってしまう。。。

でんこ


18:26|Permalink

2023年07月29日

2023年7月26日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは!
先日、能楽堂を見学できるというツアーに参加してきました。
能楽師の方の詳しい解説と実演、舞台に上げていただき謡と舞の体験もできるという盛り沢山な内容、滅多にない機会を楽しんできました。
解説の中に、豊臣秀吉公は大の猿楽(能)好きで、武将たちはゴルフ外交ならぬ猿楽外交のため、謡い、舞ったというお話がありました。
和の体の使い方、武道と共通するところもあるやも!?と、かすかな期待を胸に体験に臨んでみたものの、わたくし、まったく歩けませんでして……(汗)(ハイ、武将と同じ土俵で語るなというのは百も承知でございます)。
一足分を摺り足で進んで、足をつく前につま先をあげておろす歩き方を教えていただいたのですが、もう、つま先をあげた瞬間に体がぐらぐら。
先導してレクチャーしてくださる能楽師の方の、水面を滑るような静かで美しい動きをあらためて拝見し、その難しさのほんの一端ですが、感じることができたように思います。
写真撮影OK掲載OKとのことでしたので、鏡板に描かれた影向の松を……
IMG_7526
なにげなく見える姿の中には、とんでもないなにげなくないものがあるのかもしれない…ということをいつも心に置いておきたい。

このツアー、不定期開催のようですが、ご興味のある方は詳細をお伝えしますので、声かけてね〜。

2023年7月26日(水)の稽古に参加しました。
この日の稽古、
体術・柔術:真ん中の立ち方、らせんを作る、歩法、受け身、半身の入れ替え、両手を掴んでもらってあげる(座り)、三角入り、
杖術:素振り、中伝2本目、3本目、
剣術:構え、素振り、斬り落とし止め、斬り落とし先後、八相の打受(交互連続)、型入、
居合:腹抜き、腹抜き突き、縦抜き、立居居合1本目、
最後に、らせんを作る動き、などなど。

三角入り、相手とのつながりに意識を向けて。
つながった、は、なんとなくわかるのですが、果たしてどこにつながったのか?まで意識できず…(なんとなくぼんやり全体とつながってるような感覚…)。
つなぐ場所と攻める場所は、同じなのか、違うのか。
座りでも重心の位置が真ん中なのか、後ろなのかは関係があるのか(後ろになっていると弱いのか?)。
研究要素がいっぱいです!
斬り落とし止め、重兵衛さんのを受けると、バチンと良い音がする。
私はこの音が、ほんと〜〜にたまにしか出ないのですが、ゆるんでないということなのかなあ…重さが乗っていないということなのかなあ…考え中です。
立居合1本目の抜き付け、歩きながら抜くのは本当に難しいです。
重心のコントロールが効かなくなって半身もあいまい。
あ〜いつか気持ちよく抜刀できる日が来るのかしら…。

稽古後、でんこさんとルンバ談義。
やる気に満ちているけれど暴走気味の若手社員について居酒屋で盛り上がる先輩社員たちのテイでありました(笑)。

ますこ

16:54|Permalink

2023年07月23日

2023年7月22日(土)稽古

先日病院に行き、処方箋を書いてもらって薬局に行った。
大学病院だったので、近くに当然のごとく薬局がたくさん並んでいた。
一体何を基準にどこに行くか決めたらよいのか。。。
大きいところから小さいところまで、とりあえず外観を一通り眺めたが、よくわからず。
自転車を止められるか、中の人が少なくて入りにくいかぐらいしかわからず、結局適当に入った。
別に悪くはなかったが、ここがよかったのかもわからない。
価格に差はないだろうから、まあ、こんなところなのかな、と思うしかなかった。

ますこさんが書いていたルンバ、実はうちにもいるのだが、うちは床に物を置いてしまう習慣があり、結局その片付けと、どうせだからといろいろ動かす羽目になって、自分で掃除機をかけてしまうことが多々。
ルンバにお願いしている間に出かけたら、うっかり風呂場のドアを開けていて、帰ってきたら排水溝に足を取られて充電切れになった悲しい状態で発見したことも。
うちではなかなか活用しきれていないので、何とか活躍の場をますこさんの記載を機に考えたい。。。


稽古(取りまとめ)

基本の動き
・鳥船、呼吸、ストレッチ
・受身各種、歩法、膝行など
・突、蹴、打、半身の確認
・転換(腕の振りに合わせて)
・小太刀の素振り
・半身突き避け

柔術
・肩抜落とし
腕をつかんで肩の状態を確認して落とす技だが、落とし方を整理して主に2種類(前後と左右)、細かく分けて4種類行った。
結局は腕、肩を介してどう中心とコンタクトしてそれをキープし続けるかに尽きる。

jujutsu_katanukiotoshi
相手とのつながりを持ち続ける。

・上段打ち入り身投げ
・横面打ち受崩
通常の技のかけ方と、両手を回して斬りをかけることを行った。
通常のほうは、割と難しいということがわかればよく、全身で斬りをかければ何とかなることがわかればよい。

jujutsu_yokomenuchiukekuzushi
相手の中心を押さえて斬りをかければ自分が崩れずに崩せる。

・素振

剣術
・素振、基本受、袈裟打確認
・袈裟入受
・斬落止、斬落、袈裟斬落止
久々に斬り割る系を行った。
どうしたら割れるかは難しいので、とにかく相手の中心を意識してしっかり剣先を飛ばす意識を持つことが重要かと。

kenjutsu_kiriotoshitome
まずはしっかりと基本の構えを取ることから。

・初伝裏

居合
・腹抜、縦抜
縦抜はとにかくゆっくりやってもらったが、ゆっくりになっていない人が多かった。
あるところで加速してしまうのは、抜けたときに剣先が遅れてしまっているからなのだが、これがなかなか気づきにくい。
ゆっくりは実は早く、しかも難しい。
速く抜くことは実はそんなには難しくないが、内容が伴ってこない。
・心の型1本目、初伝表1本目
相手を付けて、意味合いを感じながら行った。
やるべきことがわかってくると形が取りやすい。
また慣れてきている人には形骸化しない、一人でもやり取りのある居合ができることが意識できる稽古になっているとよい。

今日は長尺の居合刀が前回よりはちょっと抜けた。
日によって抜け具合が違うので、いろいろと体の状況を感じながら稽古出来たらいいのかなと思った。

でんこ


15:32|Permalink

2023年07月22日

2023年7月19日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは!
ついに我が家に「自動お掃除ロボットルンバ様」がやってきました。
狭いながらも楽しい我が家、掃除機を自分でチャチャッとかけた方が断然早いからと、今まで興味がなかったのですが、周囲のオススメときっかけがあり、導入しました。
これがまあ、思った以上に私の負担を減らしてくれる。
ルンバ様が床掃除を担当してくれている間にお皿を洗ったり洗濯物を畳んだりできる時短、掃除してない…しなければ…という精神的負担の軽減、いいこと尽くし。今や、ルンバ様なくして我が家の平穏は保たれましょうや、という勢いです。
掃除って、結構重労働なんだなあ…とあらためて思います。
ところでこのルンバ様、最初の2、3回こそ、おっかなびっくり部屋の様子を探っていましたが、今や、ステーションから旅立つ姿は意気揚々と自信に満ちあふれ、見送る私はほれぼれするばかり。
なかなか型を覚えられず、覚えても自分のものにできない我が身を振り返り、ため息混じりの今日この頃です。
稽古あるのみ。

2023年7月19日(水)の稽古に参加しました。
この日の稽古、
体術・柔術:立ち方の確認、重心位置を意識した準備運動、受け身各種、受けの誘導、推手の変化、
杖術:素振り各種、中伝1本目、2本目
剣術:構え、素振り各種、斜の打ち受け、上段の受けと打ちの交互のやり取り、中伝表2本目、
居合:腹抜き、腹抜き付き、縦抜き、立ち居合1本目、
最後に立ち位置の確認と重心位置を意識した整理運動、などなど

立ち方の確認、私あまり意識したことがなかったのですが、普通に立っている時、かかとにすべてが乗っている…真ん中を意識するとかなり前がかりになっている感覚(前に転びそうなくらい!)。
あらためて体のあちこちに意識を巡らせてみて、丁寧に見直してみたいと思いました。
受けの誘導、相手の両肩に手を添えて、らせんの崩しをかけていく。
腕でやらないために腕の力を抜くと、体だけが先に行ってしまいがち。
技をかけるための外部の力ではなく、腕と体の構造をキープする内部の力が必要?かな?
力とも違うかな…固めるのとも違うし…うーん、なんとなく最近、少し感覚が掴めてきたような気がしていますが、違うかもしれないので、まだまだ要稽古です。
そして受ける側の時は最後まで相手との関係が途切れないように…先生からのご指摘。
最後の最後でコントロールが効かなくなるので、なんとかしたいです(めざしさんにヒシッとしがみついてしまい、新たなる技に展開しそうでした)。
杖は、上から取る突きが苦手。
上から取る動作がガバッといってしまうし、遅れてるなあと感じる。
立ち居合、抜く時に体全体が上に伸び上がってしまうのを修正中です。
腰から下は下に落ち続ける、軸は上にスッと伸びる、で、バランスがとれる、か、どう、か……むむむ。

暑い日が続いていますが、汗だくで稽古会場にたどり着いた後でも、さらに稽古で汗をかくとスッキリします。
熱中症に気をつけて、水分補給をこまめにしながら頑張りましょう〜。

ますこ

18:04|Permalink