2021年9月29日(水)稽古のこと2021年10月6日(水)稽古

2021年10月06日

2021年10月2日(土)稽古

最近朝目玉焼きを作るときにうっかり殻を落としてしまい、
拾うときにうっかり親指の第1関節ががフライパンに軽く触れてやけどをしてしまった。。。
ちっちゃいが久々の水ぶくれ。きれいに治るだろうか。。。

杖の回し。手順はまだ怪しいが何となくわかってきたが、
どうにもガコガコするところを何とかしたい。

居合を稽古内で久々に行ったが、今行っている素振りを意識して大きく行うと、
感覚が変わってくるか。
早さを問わないで動くことで結果的に早さが出てくるとよい。

小太刀の素振りは基本に立ち返って片手のみで行った。
グルグル回した後にその感覚で斬りをかけると非常に重くなる。
まずはそこを定着させたい。

杖の中伝の素振り合わせ、個々の動きの意味合いを考えるとなかなか味わい深いが難しい。
実際どちらが取られるか、シチュエーションによって判断が分かれる。

 jo_yaritori

剣は中心立て。意識の置き方、身体の状態などによっても変わってくるのでなかなか難しい。
まずは受けがどのような状態がいいのか、ある程度受け入れるぐらいがいいのか、
打太刀が楽には置き続けられないくらいの取り気味がいいのか。

小太刀を使っての攻防。まずは手をあまり使わずにいかに相手に入り込めるか。

Kちゃん、いろいろと課題はあるものの、
打太刀としてつながりを持った打ち込みがある程度できている。
もう少し受け入れすぎずに中心を押さえられたらなおよい。

Oさんの中心立ての受けは参考になった。
何が正解かどうかはともかく、柔らかく立てすぎずに受けているので、
打太刀は安定して仕太刀のあり様を見ることができるように思った。

前回の稽古、ますこさんの中心取り、できることが増えたのはとてもいいですね!
もう少しだと思いますので、受け入れる感じはよいので
受け入れすぎずに返り討ちに合わせるぐらいになるとよいと思います!!

でんこ

17:24
2021年9月29日(水)稽古のこと2021年10月6日(水)稽古