2023年9月30日(土)稽古秋の集中稽古のこと

2023年10月08日

2023年10月7日(土)稽古

合皮の手提げバッグがぼろぼろに。
だいぶ使っていなかったバッグを引っ張り出して外出したら、手提げの部分が合皮なのだが、ボロボロ取れてきた。
肩にかけるとこすれて徐々に色が青⇒白になっていった。
困ったなと思いながら外出先で使い続け、ぼろっと取れたところは拾えたらビニール袋にゴミとしてためていって家で捨てた。
本体はほとんど支障がない、どうしたものか。
もったいないが、捨てるしかないか。。。
(普段から使わないのがいけないのだが)


稽古
だいぶ涼しくなってきた。。。日もかなり短い。。。

・体を整える動きと確認、受身、歩法など

柔術
・袈裟打ちに対する捌き(内受からの入身投、外受からの腰崩し)
両手斬りからの流れで行った。
相手に入る感覚で行うと打ちを避ける必要なく手に導かれておのずと受というより相手に入れる。

剣術
めざしさん取りまとめ
・素振
・剣の中心への立と受交互、中心立
中心にきちんと立てる感覚、相手が中心に入る感覚をきちんと感じる必要がある。

Mさん、立てるところは横に行かずに相手の中心に立てていてかなりよい。
後は相手の状況を感じられるかどうか。

kenjutsu_tatekougo
入る、入りつつ守るを明確に。

・初伝六太刀4、5、6本目
3本とも取られた打太刀が下がっていくのを仕太刀が取り続ける必要がある。
居着くとそれができない。

・廻剣からの打ちに対する受、斬り割りなど

jo_kirikaeshiouyou
打ち込み、受などやることを意識して。

居合
稽古総見に向けた練習をグループごとに行った。
こちらの3名の組は、とりあえず手順を決めて動いた。
動きは何とかなりそう。

iai_syudan
まずはそれぞれやる型と順番の確認。

もう1組は、動きながら型を決めている模様。。。

この日まで長尺居合刀を使ってもっさりやっていたので、次回からもともと使っていた常盤花風を使って稽古の予定。
長尺居合刀で何か得られたものが反映できるかどうか。
(そういえば長尺居合刀の名前をいろいろ一生懸命考えながら、決めるに至っていなかった。
何か考えないと。)

でんこ


23:50
2023年9月30日(土)稽古秋の集中稽古のこと