半身

2022年01月16日

2022年1月15日(土)稽古

スマホの指紋認証がうまくいかない。
登録しなおすと数日は何となくできるのだが、またすぐできなくなる。
指が乾燥したりガサガサだったりしてうまくいかないのかと
潤いを与えてみたりするが、うまくいかないほうが多い。
機種変前に使用していたものはえらい認識が良くて、
試してはいないがだれでも反応するのでは、というくらいだった。
また様子を見て登録しなおしてみるか。。。

稽古は半身の確認、歩法、半身での突き避け、その変化。

小太刀の素振りは半身の在り方を確認するために、とにかく真横を向いて腰をかなり落としてその体制で横に動くことで手と小太刀が動いていくことを尊重して回してみた。
体制がつらくなってくるが、それは横に動くことで分散させるようにしたが、なかなかこれができない模様。
もう少し続けてみたい。

受身、柔術。
片腕を抱えて袈裟に斬る技は、撞木からの斬りと軸をつぶさないこと。

jujutsuK
撞木をしっかりとり、斬る。

両肩を後ろから真っすぐ落とす技は、とにかく肩をなでるように真っすぐ落とす。
後ろに引きがちだが、自分がやられると、真っすぐ落とされたほうがよいことが感じられた(説明しながら自分がやってなかったことに気づいた)。

杖は廻し杖の後、初伝2本目の変化。弾き飛ばさずに返して崩す。
これも自分がしっかり腰を落として真っすぐ相手に入るだけ。

居合は縦抜の確認。
練習として、始めから撞木を取ってから抜くことを試みた。
その位置から前に突っ込まないようにして抜くことを意識した。
どうしても前に突っ込んだり、手を上に伸ばして抜こうとしてしまうため、
半身撞木を取ることで抜ききることをこの稽古で学べるか。
動画を取得してそれぞれ自分がどうなっているか確認した。次回につなげたい。

剣術は上伝の1本目と2本目。
引かないこと、剣に入る感じを出すこと。
関連して上段の打ちと避けを久々に行った。剣先への意識が大事。

手解きと座りで片手押さえから真っすぐ入る技はとにかくいろいろ意識して練習かな。

稽古後にOさんの上段の打ちを動画で確認した。
どうしても半身を意識せずに楽に振ってしまうところが出てくるが、動きを見て半身と腰の落としを意識するとだいぶ良くなってきた。あとは剣を手で振らない感じが出てくるとよい。

でんこ

18:21|Permalink

2021年10月16日

2021年10月13日(水)稽古

会社で保険の宣伝の人が昼休みに立っていた。
すごく新鮮だったが、コロナ前はごくごく普通の光景だったことを思い出した。
気づかぬところで普通が少しずれていたと感じることがちょいちょい出てきた。

小太刀の素振り。
のびのびできる人と少し縮こまっている人の差が出てきた。
なかなか腕で回さず体で回すのが難しい人は、とにかく大きく振ってみて、
少しでもつながった感覚があったところでどうしてそうなるかを広げてほしい。

居合。
鞘から剣を抜きだすには、左半身をしっかり捌かないといけない。
しっかり半身を切ることの重要性を端的に感じられる稽古。
まずはゆっくりでいいので引っかからずにどうしたら抜けるか丁寧に見ていくことが大切。

剣の素振り。
形は皆さん結構取れてきているが、なかなかしっかり斬るところができていない。
思い切って振っても体で剣が止まる感覚をつかんでほしい。

剣の受けはまずはとにかく半身。相手の剣の軌道にしっかり入りつつ相手を押さえる感覚。
Hiさん、基本受けの形がかなりきれいに取れてきた。
打ちをきちんと受けられるようになりつつある。

中心立ては、今日は受けを形をきちんと取りつつしっかり緩みで受けられることを意識した稽古だった。
打太刀がしっかり仕太刀をとらえつつ完全にはとらえきれない中、
仕太刀はしっかり中心に立てていく。
仕太刀が取り気味に受けるのもありだが、これもありそう。
いろいろ確認していきたい。

ますこさん、随所で形がきれいに取れている。
あとは半身がきっちり取れると受けや居合が余裕をもってできるようになると思う。
そのためには、腰をかなり落とすとよいかも。
いろいろと思い切って動いてもよいと思う。

でんこ

16:04|Permalink