受身

2022年01月23日

2022年1月22日(土)稽古

ハンガーを落とした。
洗濯物を取り込むときに、つい手を抜いて洋服を引っ張って取り外そうとしたら、服が取れた瞬間、ハンガーが
ビヨーン
と跳ねていき、ベランダから下に落ちてしまった。
急いで確認したところ、下に人がいなくてよかった。
1階住人の庭に落ちてしまったようなのだが、木の間なのかよく見えず、尋ねるのも気恥ずかしく、住人が気づいて管理人に渡してくれるのを期待したが、数日たってもそういったものが置いてある場所に置いてはいなかった。
針金ハンガーに近いが、ちょっといいステンレスハンガーだっただけに、ちょっとがっかり。
ちょっとしたところで手を抜くとこういうことになるので、いましめにして今後気を付けよう。。。

稽古は小太刀の素振りから。
半身の取り方を学ぶために、横を向いて腰を小太刀が床につくぐらい落としてとにかくぐるぐる回す。
腰を落とし続けるのはつらいために横に動くことで負荷を散らして、それに合わせて腕が勝手に動く感じで。前傾したり、腰が上がってきたりしてしまうのでその都度修正する。
半身を取るときはこれくらい落とすことも必要で、けっこうつらいが、いい稽古になる。

kodachi_suburi
前後にできるだけ伸びやかに。

受身。
途切れさせずにとにかく数をやって体に覚えさせる。これも結構疲れる。。。

杖の廻し

柔術
両手で背中から落とす、片手で対角の肩を返す、片手で対角の腕を肘から落とすそれぞれの技。
どれも相手の崩れを感じて、それを丁寧に崩し続けるところから。
めざしさんは相手への押さえを取り始めてからかなりうまく技をかけていた。

居合
縦抜の基本を丁寧に行った。
抜き出してから、体を動かさずに鞘を腰まで抜き、そこから半身撞木への変化で剣を飛ばす。
わかりやすいように、右手は動かさないことを意識して。
思い切って沈み込んできっちり半身を取らないとなかなか剣が頭上に飛ばない。
しかし、逆にきっちり取ると、勝手に剣先がふわっと飛んでいく。この感覚をつかみたい。
Oさん、抜けてはいるが剣先が落ちていたが、動画を撮ってみてとにかく腰を落とすことを意識してから、剣先が飛ぶようになり、だいぶよくなった。
もっと半身が切れるとさらによくなりそう。
自分自身は動画で確認すると、剣が半身になる途中まで剣が浮いてくるところはよいが、剣が鞘から出たあとで剣が止まってしまっていた。鞘なりの剣の動きを邪魔しないところはよいが、鞘に頼りすぎている感じか。せっかく動きができているので、つなげられるように剣を活かしたい。

剣術
素振り、上段の打避。
jodanuchiyoke
基本の構えでしっかり相手につけて打ちがきても中心を取り続ける。

中伝裏1本目変化2本目。
めざしさん、Oさんとも打ち込む間は工夫してきている様子が伺えた。いい調子!
上伝1~4本目。
久々に行った4本目は打太刀が斜の袈裟に肩口を斬ってくるのを取り勝ち、同じ半身で下から斬り上げる。しっかり待って斬りを割り切る。

最後に手の甲を合わせて受け取り決めての攻防。
受けは緩みで交わすことが基本。

でんこ

17:53|Permalink

2022年01月09日

2022年1月8日(土)稽古

6日に雪が降った。
6日は会社からの帰り時間にすでにやんでいて、車道はほとんど雪がなかったが、それ以外は雪がびしゃびしゃしている中を恐る恐る自転車で帰っていった。
8日には道のところはだいぶ溶けてきていたが、ちょっと日陰のところは凍っていて、なかなかスリリング。
こういうときこそ稽古でやっている緩みで滑りに対応、といきたいところだが、足やタイヤを取られないように固めるのが精いっぱい。まだまだだ。。。

稽古は小太刀の素振りから。
前に少しやった、斜から袈裟に斬る動きを大太刀で確認後、とにかく小太刀でのびのび動き続け、その後にもう一度確認して動きが変わることを感じてもらった。
Oさん、よくはなったが、半身がもう少し切れて腰が落とせればさらによくなりそう。

半身の確認から、肘を通して軸を崩すものと、上腕を通して軸を崩す技を行った。
自分の軸をしっかり、腕の重さを伝え、先に行かずに自身の動きと一緒に崩すこと。
柔術は稽古最後に片手押さえからの真っすぐ入ることと、両手つかまれたところからの上げ、崩し。
どちらも遊びを取ること、逆に作ることで技をかけることへつなげた。

受身。
前受身でいつも上半身を折り曲げることからやっていることに気付いたため、膝も緩めて行うと、上半身は膝が曲がる途中で自然に前傾になり、そのまま邪魔になるものを除いていくことでかなり楽に、真下に動けると感じた。いつも何気なくやっていたものも見直すとまだまだ気づきがあることに気づかされた。まだまだできていなかったということだ。

剣は中伝裏1本目変化の2本目。
打ち込みの間はKちゃんはとてもよい。剣も伸びてくる感じ。その後ひよっていたが、修正することで取る感じがかなり出てきた。打ち込みがしっかりしているので、ゆっくりでも取り続けてやれていた。
Oさんも1太刀目打ち込みはよかった。その後の手合いで剣に重さが乗せ続けられるともっとよくなる。

居合は基本7本からいくつか。
Kちゃん、縦抜は思ったよりも剣先が飛んでいた。
Oさんもそこそこ飛んでいた。長い居合刀の成果か。ただ、半身を切るところが弱かったので安定していなかったが、しっかり半身を切ることがわかってゆっくり抜くことができてからは、格段によくなった。この感じを忘れないでほしい。

今回、居合等では動画撮影を取り入れてそれぞれに自身とほかの人の動きを見てもらい、何が良くて何ができていないかを示した。できていると思っていることが思いのほかできていないことを理解しやすかったらしく、修正がしやすかった。
satsuei
こんな感じで撮影。

でんこ

19:44|Permalink

2021年12月07日

2021年12月4日(土)稽古

年末発表会もあり、年賀状も書かなくてはいけなかったり、
大掃除をしなくてはいけなかったりに加えて、
パソコン内のデータのバックアップを中途半端に行っているため
データが増殖して逆に整理がつかなくなっているのを整理なくてはいけない、
リアルに部屋の整理がなってないなど、
普段目をつぶっているところをそろそろやらないとまずいことが多くて、
逆にまったくやる気が起きなくなっている自分をなだめてすかして
やらせようとすることに何となくげんなりして結局ゴロゴロしてしまう今日この頃。

ますこさんの「カッコイイ」定義はなるほどと思う。
結果的に立ち居振る舞いがよくてカッコよくなるのは私も無理で、
意識からして上記の感じでいろいろと蓋をしてしまって軸が立つどころか
重力に負けて横になっている感じなので、
思い直してカッコイイを目指すためにいろいろちゃんとしなきゃというので
動いてみるとやる気が出るかなととても参考になった。

稽古はいつも通り体の確認や受身、歩法から。
受身は立ったり寝転んだりの繰り返しなので、それなりに動く。
普通の立ちでなにか稽古するより全身を見た目からして使うことになる。
体の使い方をそれなりにやってきているので、疲れるといった感覚はあまりないが、
柔術の受けも含めてきちんとやっていないと、意外に体にダメージを与える可能性がある。
その日の体の状態を確認するうえでも、とても重要な稽古に思う。

柔術は手を取ってくるところからの変化をいくつか行った。
Oさんは中心の押さえがあれば技をかけるのは非常にうまい。
Hiさんは素直に行っているため相手への働きかけもそれなりにできている。
受けがなかなか難しいため、まずは自分がけがをしない、受身の稽古で行っている受けを
行っていくことを心掛けてやれるとよい。

年末発表会に向けた剣術、柔術。
小太刀中伝はめざしさんとだいぶまとまってきた。
修正がきくところを始めからできればなおよい。
稽古前に行った二刀は、何となく動けはしているが、個々がきっちりできていない。
特に2本目、6本目がしっくりきていない。
9本目は大太刀が振られそうになるのをしっかりさせる。
7本目はどの間で行うか、誘うか、斬らせるか。
8本目はどの意識で斬り払うか。

jujutsuH
柔術は決めるところをしっかり。

居合は久々に自分の稽古ができたが、どこまで詰められるか。
6本にそれぞれ基本、伸びやか、挑戦、一致などのテーマを持たせているが、
どこまでできるか。

でんこ

01:09|Permalink

2021年11月19日

2021年11月17日(水)稽古

ますこさんプロデュース、Tプロジェクトが形になりました!
HPで使用している絵で素敵なTシャツ完成!!
会員限定で希望者募集中

この日も早めに稽古に参加。
自主稽古中にPさんとS剣術の合わせを少し。
相変わらず、取るところはキレッキレ。緊張感がたまらない。

Srento
同じ木刀のはずなのに、Pさんのは輝いている!

その後と稽古中に柔術の確認。まだどの型をやるか決め中だが、
ちょっと案が固まりつつある。
何人かで受けられたら。

稽古中は小太刀の素振り、受身など。
身体の使い方も丁寧に確認。半身への意識導入の動き。

柔術は立1本目と入身投系。
突きは適切な間で。それに合わせてしっかり相手の中心を崩す。

剣術は年末発表会に向けてグループ分け。
Kちゃんは中伝の表が前回よりもさらにこなれてきた。
適切な間での打ち込みはだいぶ感覚を思い出しているので、
それに取る感覚が加わってくるとなおよい。

薙刀は相手との間を適切に取ることでだいぶ型が成り立ってきた。
めざしさんは細かいところを修正すると格段に動きがよくなっていた。
連薙刀は、とにかく動きを思い出してきっちり動けるように練習中。

稽古後に2部の出し物練習。5人で合わせるが、何とか動きが固まってきたかも。

でんこ

21:25|Permalink

2021年07月25日

2021年7月24日(土)稽古

全然仕事が終わらないため休日出勤した。
早めに帰宅して稽古に参加。

受身はまだまだ感覚を思い出せていないため、
毎回重点的にやっていきたい。
ほぐす感覚で体を緩めながらの前廻受身、
また早いタイミングでの前廻受身と、いろいろとつかんでいきたい。

廻し杖は両手で持ったままで行ったが、
全身をまだ使い切れていずぶれてしまう。
相手の杖に当てる感じで初めてやってみたが、ぶれぶれ。
これがきちんとできたら体捌きがもう少しうまくできそう。

二刀は間と体との一致。
剣に振られないように、体をしっかりついていかせる。
というか、剣の動きに対して適応する体の緩みをしっかりさせておく。
型8本目は、小太刀で斬り払う動きが待ちすぎか。
打たせるか、先に取るか。
7本目?は誘うか小太刀を打たせるか。
どちらもありとのことだが、最適解はないのか。
その時の打太刀の呼吸にもよるところを見極めるか。

Oさん、杖の8本目など、少し気を付ければ感覚をつかむところがさすがである。
型に慣れて手元を見ずに自信が持てれば非常に良い。

Kちゃん、自信のなさが全体的にまだ出てしまっているが、
感覚が鋭く対応する能力が高いので、勉強になる。
それを生かして型になじんで取り切れるとよい。

ますこさん、
受身、ふわっとやろうとすればするほど身構えてしまうことが私なんかも多いので、
とにかく相手を見続ける、ということを意識していると、
意外と自分の居場所がわかってなんとなくできてしまうことがありますよ!

でんこ

20:12|Permalink

2021年07月18日

2021年7月17日(土)稽古

最近コロナで赤羽文化センターの終了時間が早くなったことに加え
仕事がめちゃめちゃ忙しくなったために
水曜日がほとんど稽古できなくなってしまっている。。。
体を動かして楽しめる時間なのに、まずい。。。

ますこさんのガラス瓶の割り方、達人ではないですか!!
試斬もうまくいくと思いますよ!
今度やるときにばっさりやっちゃってください!!!

最近あまりやっていなかった前廻受身を集中してやってみた。
感覚が完全に思い出してはいないが、緩みと全身を使うために体がほぐれる感じで悪くなかった。
少し続けてみたい。

Hiさん、廻剣と剣の打に対する受が形になってきた。
もう少しやればかなり様になると思われる。

ますこさん、少しでもブログが参考になっていればありがたいです!
二刀の受けですが、もちろん撞木で剣を効かせてきっちり受けようとすることで
しっかり受けられるのも重要なのですが、
受ける間(タイミング)もかなり大事です。
相手がしっかり打ち込んできたのを受け止めるのは結構大変なので、
先走ってはいけないのですが、相手が打ち込むところをこちらが打ち込むような感覚で
先にその打ち込みポイントを取ってしまう(簡単に言うとそこに二刀を持って行ってしまう)
ことで楽に受けられるということもあります。
いろいろと工夫してみたらよいかと思います!!

でんこ

18:24|Permalink

2021年07月12日

2021年7月10日(土)稽古

ますこさん、稽古でいろいろ工夫されているのはいいですね!
> 前にでんこさんのブログにあった、杖に隠れる
ううむ、最近記憶力が本当になくなっているので、書いたような気もするのですが、
杖に常に隠れるように心がけるのはよいと思います。
そうすると、万が一遅れて相手の打ちや突きが来てしまっても、
その場で当たらない対応が可能です。
言ってしまえば、その場で当たらないようにしてから動いてもいいぐらいです!

動画バトル、かなり先生が盛っていると思うのですが。。。
剣の遅れは体が動くようになってくると逆に剣をそれについてこさせようとして
遅れを生じることは多々あると思います。
剣を遅らせない、ただ手打ちにはしない、
ここは稽古あるのみだと思います。
(私も気を付けてはいますが、いまだにうまくいっていません)

10日は受身、杖、剣。
受身は最近対人で崩してもらうことを行っているが、
基本の受身を少し前までしばらくやらなかったこともあり、
受身を取ることに若干の躊躇が入ってしまいそうになる。
毎回少しでも一人で受身の練習をしたほうがよいと思った。
剣の初伝はやればやるほど奥が深い。
とにかくしっかり立てる、変にさばかない、というところを意識したい。

Hiさん、廻剣はまだ少ししかやったことがないが、
片手でとにかくこねないようにやってもらったところ、
形がきれいになってきた。
まずは肘を曲げないところからやってもらった。
しばらく肘は曲げないでやるのがよいかと。
肩から動かす感じですね、との感覚をつかんだようで、いい感じです!!

でんこ

14:39|Permalink