富士山

2021年12月25日

2021年12月22日(水)稽古

会社で課内を明るくしよう、という一環で季節のイベントはどうか、ということになり、
クリスマスツリーを飾ることとなった。
折り紙を配って各々折ってもらって飾り付け。
折り紙を折るのは何年振りか。本当はじっくり折りたかったが、
なかなか時間もなく、ちょこっとだけ。それでもちょっと楽しかった。
最終的にどこまで派手になるか、ちょっと楽しみ。

fuji
関係ないが、24日はクリスマスイブながら出張になった。飛行機から取った富士山。
雪が半分ほど積もっていて、道が見えた。

22日は仕事に追われて遅刻しての参加。
手解き。これは私が古武道を始めたときからやられていたが、
当時は何のためにやるかもよくわからず自然に上げられるように、ということで
とにかくやった記憶がある。
相手に持たれていても気にせず上げる。そうすると上がる。
まずはそこから。
これができれば剣の動きにつながる。
受けは、つないでいればぶつかるものはぶつかる、と先生は言う。
これが簡単でいるようでなかなか難しい、というかまず無理。
まずしっかり押さえてみる。相手を感じる。つながることを意識する。
そんなところか。
Oさんはいろいろ迷いの段階だが、いろいろ意識して次につなげられるところに来ている気がする。
稽古するうちにいつかふっとつかめるときが来そう。
偉そうに書いているが、私もまだそのときが来ていない。

剣術は中心立と受流から。
みんなそんなに悪くない。素直にやれているように思う。
中伝裏6本目。
基本に返って交点に向かって頭を付けてしっかり入るところから。
交点に入りさえすれば、相手の剣に当たることはない。
基本をやるときは、1つ1つの動きを丁寧に行っていったほうがよい。

でんこ

15:56|Permalink