小太刀

2021年09月06日

2021年9月4日(土)稽古

雨っぽい日が続いている。何となく外に出るのが億劫な中稽古に参加。

小太刀で体を大きく動かしてから受身、杖。

杖は都合により短いものを使ったが、だいぶ感覚が違っていた。
あまりうまくいかなかったが、違いをすぐつかんで動けるようになりたいものだ。

剣は基本的な動きを中心に確認した。
稽古後にさらに中心立と受流の詳細を確認した。
先生の打ちが何か確信をつかんだらしく、かなり打ちがシビアになっていたこともあり、
自分があまりうまくいかない部分がかなり浮き彫りになってきた。
体、とくに左腕のこわばりと、はじめの受けが甘くなっているようだ。
もう一度見直す必要あり。

めざしさんとHoさん、かなりうまい。
Hoさんは受けはまだ少しいろいろあるものの、しっかり中心に立てられている。
2人とも仕太刀がうまくいっているため、打太刀の感覚も稽古することでつかんでいけそう。

前回の稽古時の写真。しっかりと中心を取っていく。
IMG_3651_2

でんこ

12:11|Permalink

2021年09月02日

2021年9月1日(水)稽古

この日は会社が都合で休みだったため、久々水曜稽古にフル参加。

いつもの小太刀の素振り。
体をのびのびと動かすいい準備運動にもなっている。
斬りを意識せずに剣に乗った斬りがおのずとできているかどうか。

突きと避け。とにかく体全体動きをさぼらないこと。

杖は最近の流行りの流れを意識した相手への働きかけ。
寄りやその前からの動きを生かして相手へ無理なく働きかけていく。
今は言われた通りやっている感じだが、これをいかに自分の身に着けていけるか。
久々の杖の型後半を行った。
柔らかく行うことで打太刀を返しやすくなる。

剣は中心立と受流。
中心立は打太刀の受け方が変わったが、気にせず相手の中心へ剣を斬りこんでいく。
まだ剣先より手元を意識してしまっている感じがあるのでいかに剣先に持っていけるかどうか。
受流も中心立と同様いかにきちんと受けられるか、そこから余計なことをしないか。
中伝裏の6本目。
剣に入っていく感じは分かってきたのだが、
苦手な横への動きがやはりできていない。
1太刀目はまだいいが、右腰が緩まず2太刀目がその場になってしまう。
要稽古。

立ちの攻防は同じ体制でも始めの設定でめざしさんに取られてしまう。
もう少し安定感を出すよう、腰を緩めなくては。

めざしさん、どの技も安定した動きができているところがすごい。
打太刀もうまくなってきているが、
打太刀で要求されている、仕太刀ができているかどうか
きちんと確認できる打ちがさらにできてくるとよい。

でんこ

20:39|Permalink

2021年08月30日

2021年8月28日(土)稽古

残暑残る中、なんとなくだるいが稽古に参加。

始めの小太刀素振りは小太刀に乗ってのびのびやることを念頭に置いて行った。
それにより体が解放されておのずと一致して振れるようになる。
そのときに体が気持ちよくついていけるように自然に動けるようにしておく。
始めはこれができているのだが、稽古するにしたがって考え出すと動けなくなってきて、
どこの力を抜けばよいかなど考えないとできなくなってくる場合がある。
そこからが本当の稽古でそれを克服できたときに揺るぎない自分の動きにつなげられるのかと。

小太刀の続きで剣を振るような感じでも行った。
こんな感じで自由に大太刀でも振れるとよい。
たぶんこの稽古に参加している人は自然にいい剣の素振りになると思う。

剣は中心立などの確認を行った。
どうしても打太刀の剣を払う動きが出てしまうことが多い。
中心を譲らずに相手に立てれば取られることはないのでその感覚をつかめるかどうか。

OさんとKちゃんは基礎の中心立とは違うシチュエーションだが、中心に緩んだ剣が入ってくる感じが
かなりよかった。

杖初伝素振りの型を行ったが、初めて行ったHiさん、ほぼ手順を覚えた。
すごいものだ。

でんこ

00:18|Permalink

2021年08月28日

2021年8月21日(土)稽古

仕事が忙しく、すっかり週1となってしまって残念なところだが、
参加できると気を大事にしたいところだ。

いつもの小太刀の素振りから。
小太刀に乗ってのびのび、かつやるべきことをやる。
少し合わせも行ったが、要改良だがきちんとできると面白そう。

杖は初伝を通して行った。
打太刀を行ったが、ほぼみんな丁寧にやるべきことを確認しながらできていた。
7本目の応用、巻いて落とすのは、相手を容赦なく落とすのもありだが、
前回も書いたが、丁寧に行うと不思議な感覚でやはり抜かれる。
この感覚をきちんとつかめるかどうか。

Hoさんは7本目でまずは単純に中心を取るのは非常に丁寧にできていてよかった。

剣は初伝六太刀1本目は、打太刀がやるべきことに注目して
単純に大きく重さを乗せて斬ると、仕太刀が余計なことをすると割れなくなる。
仕太刀も余計なことをせずにやるべきことをやるだけ、それがある意味難しい。

立った状態での中心取などの攻防を久々に行ったが、たまに感覚を確認するのはよい。
Hiさんはほぼ初めてかと思われるので、はじめ頑張って押してくる感じは悪くない。
そこからいかに崩されずに相手に入っていけるか、かなり吞み込みがよいので、
少しやれば強くなりそうな感じはする。

でんこ

15:07|Permalink

2021年07月06日

2021年7月3日(土)稽古

ますこさんの杖滑らない対策、いいですね!!
汗で滑らないと扱いにくいですからね。

小太刀の廻しさばきはだいぶ型を呑み込めてきたので、
一度しっかり突きや斬りができているか確認後、
少し速さを求めてみた。
今日は破綻しない程度で行ったが、もう少し速さのみを求めて今後行ってみたい。

二刀は受けの確認を主に行ったが、まだしっくりきていない。
両手のバランスと受けの間がいいところがとらえられるようにしていきたい。
2本目の受けのタイミングは、
打ちに対して体をさばくのもありだが、今回はまっすぐ入ることを意識し、
取りに行く感覚でやってみたところ、うまくいっていたようだ。
もう少しいろいろと詰めていきたい。

Oさんの体の緩み具合にはときおり驚かされる。
今日は剣の上段受けからの斬りの合わせを行ったところで
緩みでこちらがいい意味でやりにくい。。。
丁寧に剣を立てていかないと相手に斬りこんでいけないため、
非常に稽古になる。
この緩みが剣先まで行きわたるようになるとかなり上達すると思う。

めざしさんの杖の8本目はかなり安定していて、返す部分が相手に沿ってできている。

でんこ

12:40|Permalink

2021年06月20日

2021年6月19日(土)稽古

今日は雲が層になっていて、少しどんよりした感じ。
これはこれで幻想的。
IMG_3252[1]

廻し小太刀から廻し杖へ。
道具が変わることで感覚が変わるが、のびのび動くことで同じように動ける。
道具を意識したり、体の動きに意識を向けたり、自分が動きやすい、
もしくはどちらが一致して動けるかなど考えながらできるとよい。

めざしさん、袈裟の受けは始めつぶし気味でそれはそれでよいのだが、
受け入れ気味にやってもらったところ、すぐに呑み込めて実現した。
特に押されているわけでもなく、相手の打ちを吸収できている。
対応力は素晴らしいので、これが常に落ち着いてできると非常に良くなると思う。

最後の話の中で、大宮でのネットカフェ立てこもり事件にちなみ、
実際こういう場で何ができるか、という話になった。
古武道を行っているからと言って特に何か特別な攻撃ができるわけでもないし、
ある意味危険なときもある。
私が思ったのは、常々稽古で行っている、呼吸を落ち着いて行い、
呼吸に合わせて動く、ということがこういう場でできるかということかと。
つい体を固めてしまい、動けなくなったり声が出なくなったりするため、
そういうときこそ落ち着いて呼吸を行い心身を落ち着かせて
声を出したり動いて逃げたりがきちんとできるようにすることが大杼かなあと。
そういう場に出くわさないようにすることが一番だが。

ますこさんの稽古禄、いろいろな気づきがすごいです。
一緒に転がるのも合わせとしていいのでは(^^)。
足の感覚、ぜひぜひ次にも活かしてください!

でんこ

17:00|Permalink

2021年06月19日

2021年6月16日(水)稽古

この前生協のちょっとした抽選に応募したら、揚げせんべいのセットが当選!
先日のうなぎに引き続き、ちょっとした幸せが!!
この流れでいい方向にいくといいなあ。。。

稽古は仕事の都合で途中から。
構えはやればやるほど奥が深い。何が正しいのか難しいが、
自分が守りつつ次の動作に素直に入れるものがよさそう。
ますこさんの受けの形が安定してきた。
撞木が腑に落ちたようで、強い受けになっているかと。

小太刀は受けた後の落としがまだ体と連動できていない。
しっかり相手を崩してとどめを刺す所作が行えるように意識したい。

二刀は久々に行ったが、少しは動けてよかった。
横受けは、次の大太刀の斬りを縦に斬り落とす方法で行ったところ、左手が連動して相手を崩せた。
全体の動きが一致していれば何とか動けるようだが、
そのまま相手に大太刀で水平に斬りつける時が落とせていない。
このあたりがまだ課題。

でんこ

15:09|Permalink