杖術

2024年06月23日

2024年6月22日(土)動画撮影は現実を突きつけられる

仙台旅行、料理編。
ますこさんのダムカレー!に感動してしまい、仙台旅行で食べた料理をちょこっと。
(風景も料理も出し始めるときりがなくなる)
zundapafe
山寺のふもとで食べたずんだパフェとパインサイダー!
登った後だったため、甘さがしみた。
パインサイダーは、リポビのような味か?
matsushima_kushi
松島のおさかな市場で食べたほや、つぶ貝、タン串と牡蠣バーガー!

sendaikannon
あと、食べ物ではないが、仙台城跡で撮れた、Bさん紹介の周りとの縮尺がおかしい観音様。
周りの建屋と同じような位置にあるらしい。。。

また気が向いたら振り返ります。

稽古(取りまとめ)
夏至の次の日。日は長いが、そこまで暑くなく助かった。
とうとう先日遅い梅雨入り。
これから日は短くなるものの、じめじめして暑さも増してくるかと。

この日は参加者が少なかったため、剣や杖の基本を行ったあとに、居合の集中稽古とした。
各人がやりたい型を選択し、身に着けるために動画撮影もしながら集中的に見直しを行った。
それぞれいろいろあると思うがが、とりあえず自身の振り返り。
年末発表会でやりきれなかった、五方の型(自身作)間詰を長尺居合刀で何とかできないかと稽古を行った。
大きく伸びやかに行うところが少しでも無理な動きをすると、ぎこちなく小さく見えてしまう。
初回動画を撮ったが、イメージと実際の動きが違って愕然とした。
手の縮こまりを何とかしたいと思ったが、何回かやっても大きくやろうとすると振られそうになる。
ふと問題は手ではなく、下半身がさぼっているせいでは、と考えを変えて動いてみることとした。
すると、おのずと腕も伸びてきて、少しは安定した動きとなった気がした。
また、型の合間での手先の意識が抜けてしまっているところも、動画を見ると顕著だった。
この辺りは普段からの意識の持っていきようで気を付けないとなかなか直りそうにない。

iai_gohomazume
何とか斬り下ろしの一致感は出てきたか。
iai_gohomazume_4
納刀もさぼらなければ何とか長尺居合刀でもスムーズに行えるようになってきた。
(ただ、袴の締め付け具合でつっかえることもままあり)
iai_gohomazume_3
逆手での斬り払いは自身で作っておいて何だが難しい動き。
iai_gohomazume_5
まだまだだが、何とか一致して斬り納まり、形もひどくはなくなってきたか。

何とか目も当てられない状態からは脱却できた気がする。
集中して型を通して動画を見て修正をかけることで、それぞれ思うところあって非常に勉強になったと思う。
たまにはこういう稽古もありかと。

でんこ

インスタグラム、随時更新中です。
翡縁会インスタグラム    


19:03|Permalink

2021年12月18日

2021年12月11日(土)年末発表会(全体総括)

年末発表会は普段ほとんどない全員に近い稽古仲間が集まり、
またゲストの方々も来ていただき、
適度な緊張感の中、演武を披露できる貴重な場となりました。

皆さん緊張感がある中緊張している感じもありましたが、
普段できている動きが素直に出ていたと思います。
やるべき型に対して集中して行えたのはレベルを上げる、
いい経験だったのではと思います。
(私がやらせて頂いた演目に関しては別の日のブログにて。)

Pjujutsu2
Pさんとコラボ柔術、場を感じ流れに乗るいい経験になりました。

daihyo_iai
代表居合。力が抜けて雰囲気が出てきたのでしょうか。

昨年に引き続き、今年もコロナの影響が多く、稽古がオンラインでの時期もあり、
決してのびのびと稽古できていなかったところがあり、
また稽古を積み重ねる中で間を見る少しの余裕が出てきたことと、
やろうとすればするほどかからない、うまくいかないということを感じてきたことで、
これらを加味した”無理をしない演武”、という感覚が
今回の発表会では自分の中にあったような気がします。
ポジティブには道具の動き、体全体の動きを感じて
突っ込み気味だったのが多少抑えられた動きになっていたかというところ、
ネガティブには思い切ったチャレンジした動きができていなかったかな、
というところです。
また、自身の動きを見ると、どうしても上半身の動きに頼った突っ込み気味に見える動きは
出てしまっていたので、これは来年への課題だと思います。

今回は、めざしさんと一番多く演武させてもらいました。
呑み込みが早く、私にはどう練習してもできない一致感ややりすぎない感じなど
うまさがあるので、とても勉強になりました。

2部は楽しく稽古会員らの多彩な一面が。
楽しいひと時でした。

hiengirls
ひえんgirlsの決めポーズ

saruenbu
代表の謎演武。心配げなおさるの顔が。。。

今年の年間最多参加賞(指導員以外)は、ますこさん!
ますこさんは、限られた参加できる時間を駆使して来ていただきながら、
Tプロジェクト、ひえんgirlsプロデュース、会の限定お菓子作成など、
会員が楽しくなるイベントをいろいろとやって頂きました。素晴らしい!!
稽古だけでは煮詰まることもある中、楽しみに一つになってました。
また、ブログもよく書いていただいて、稽古の時にこんなことを感じているのか、と
とても参考になりました。
ありがとうございました!!!

全体を通して、気負わずに演武できて場を楽しめる空気感があった、
非常に良い年末発表会だったと思います。
多々良先生、会員の皆さん、ゲストの皆さん、本当にありがとうございました。

でんこ

16:17|Permalink

2021年09月25日

2021年9月22日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは。
運動が苦手な私、見取りが下手で、右手左手右足左足が大混乱。
右手左手と思うからわからなくなるんじゃないかと。
右手と、右手じゃない方。
これ……いける!!
と思ったのも束の間、回転が加わったらもう?????
そもそも時計回りと言われた時に、時計の外から見るのか時計の中に入って部品の気持ちで見るのか。
普通はそんなこと考えないらしいじゃないですか。
何を言っている?て感じですよね〜運動音痴の頭の中はカオスなのです。

2021年9月22日水曜日の稽古に参加しました。
廻し杖各種。
かねがね私は半回転足りないんじゃないかと思っていたのですがやはり足りていませんでした。しかしその流れから回転方向を変えるのがとてつもなく難しい。
杖の重さを借りながらも体できちんとコントロール、できていないのだろうと思う。
でもまずは手順を覚えなければです。
小太刀の素振りは持ち替えがスムーズにいかない。落ち着いて整理してみないと。
久々の柔術は、型通りに真似てもうまくはいかず、その中で何に意識をフォーカスするのかが大切なんだなあとあらためて思いました。
相手とぶつからない方向、相手の持っている力の方向、構造として弱い部分、斬るとはどういうことなのか、自分の中から生まれる流れ、工夫していきたいと思います。
あと、自分の軸が崩れるのをなんとかしたい。
なんとかすることばかりですよ〜!まったくもう〜!

先生、みなさん、この日も一緒に稽古してくれてありがとうございました。

武道をやってみたいけどできるかな〜不安だな〜という方がもしもこのブログを読んでいらしたとして、少しくらい安心材料になったらいいなあと思いながら、ますこ、勇気を出して書いています。
そしてこんなにできない連発なのは私だけなので!むしろがっつりハードにマニアにやりたい方に翡縁会はオススメです!
興味のある方、いらしてくださいね〜!

ますこ

14:19|Permalink

2021年07月24日

2021年7月21日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは!
テレワークを終えて家を出るとどうしても間に合わない、緊急事態宣言下の稽古…施設の終わり時間が早いので、開始時間も繰り上がり…早く通常の時間に戻りますように!

ということで2021年7月21日(水)の稽古は後半からの参加となりました。
杖の3本目、膝の向きのご指摘をいただき、この時に限らず、意識しないとつい内側に倒れてしまっているなあと気がつく。
内側に倒れると安定もしないし弱くなってしまい、力の方向もぼんやりしてしまう気がする。
型に入る時、その時々で気をつけたいことを心の中で唱え、確認するようにしています。
今は3つ、なのですが、これに膝追加!
剣術、剣の素振り、前に飛ばす意識、これもつい抜けてしまう。常に相手がいることを意識しなければ。
受け身はふわっと着地するのが難しい!ふわっ…のあと、力尽きてどさっと…ふわっを維持するにはどうしたらいいか。…まてまて、まず「力尽きて」が間違っているのでは?

でんこさん、二刀の受けのタイミングのこと、ありがとうございます!今度、工夫してみます。
私、片手に一刀ずつの扱いも、今バラバラになっているので、どちらかが遅れているかも…と思いました。思ったタイミングに受けの形を形成するところも稽古しなければ。

瓶割り、なかなか次の機会がないですが、忘れないようにして試斬にのぞみたいです。打つ感覚だったので、これを斬るに変換してイメトレします!

ますこ

18:18|Permalink