2021年09月06日

2021年9月4日(土)稽古

雨っぽい日が続いている。何となく外に出るのが億劫な中稽古に参加。

小太刀で体を大きく動かしてから受身、杖。

杖は都合により短いものを使ったが、だいぶ感覚が違っていた。
あまりうまくいかなかったが、違いをすぐつかんで動けるようになりたいものだ。

剣は基本的な動きを中心に確認した。
稽古後にさらに中心立と受流の詳細を確認した。
先生の打ちが何か確信をつかんだらしく、かなり打ちがシビアになっていたこともあり、
自分があまりうまくいかない部分がかなり浮き彫りになってきた。
体、とくに左腕のこわばりと、はじめの受けが甘くなっているようだ。
もう一度見直す必要あり。

めざしさんとHoさん、かなりうまい。
Hoさんは受けはまだ少しいろいろあるものの、しっかり中心に立てられている。
2人とも仕太刀がうまくいっているため、打太刀の感覚も稽古することでつかんでいけそう。

前回の稽古時の写真。しっかりと中心を取っていく。
IMG_3651_2

でんこ

12:11|Permalink

2021年09月02日

2021年9月1日(水)稽古

この日は会社が都合で休みだったため、久々水曜稽古にフル参加。

いつもの小太刀の素振り。
体をのびのびと動かすいい準備運動にもなっている。
斬りを意識せずに剣に乗った斬りがおのずとできているかどうか。

突きと避け。とにかく体全体動きをさぼらないこと。

杖は最近の流行りの流れを意識した相手への働きかけ。
寄りやその前からの動きを生かして相手へ無理なく働きかけていく。
今は言われた通りやっている感じだが、これをいかに自分の身に着けていけるか。
久々の杖の型後半を行った。
柔らかく行うことで打太刀を返しやすくなる。

剣は中心立と受流。
中心立は打太刀の受け方が変わったが、気にせず相手の中心へ剣を斬りこんでいく。
まだ剣先より手元を意識してしまっている感じがあるのでいかに剣先に持っていけるかどうか。
受流も中心立と同様いかにきちんと受けられるか、そこから余計なことをしないか。
中伝裏の6本目。
剣に入っていく感じは分かってきたのだが、
苦手な横への動きがやはりできていない。
1太刀目はまだいいが、右腰が緩まず2太刀目がその場になってしまう。
要稽古。

立ちの攻防は同じ体制でも始めの設定でめざしさんに取られてしまう。
もう少し安定感を出すよう、腰を緩めなくては。

めざしさん、どの技も安定した動きができているところがすごい。
打太刀もうまくなってきているが、
打太刀で要求されている、仕太刀ができているかどうか
きちんと確認できる打ちがさらにできてくるとよい。

でんこ

20:39|Permalink

2021年08月30日

2021年8月28日(土)稽古

残暑残る中、なんとなくだるいが稽古に参加。

始めの小太刀素振りは小太刀に乗ってのびのびやることを念頭に置いて行った。
それにより体が解放されておのずと一致して振れるようになる。
そのときに体が気持ちよくついていけるように自然に動けるようにしておく。
始めはこれができているのだが、稽古するにしたがって考え出すと動けなくなってきて、
どこの力を抜けばよいかなど考えないとできなくなってくる場合がある。
そこからが本当の稽古でそれを克服できたときに揺るぎない自分の動きにつなげられるのかと。

小太刀の続きで剣を振るような感じでも行った。
こんな感じで自由に大太刀でも振れるとよい。
たぶんこの稽古に参加している人は自然にいい剣の素振りになると思う。

剣は中心立などの確認を行った。
どうしても打太刀の剣を払う動きが出てしまうことが多い。
中心を譲らずに相手に立てれば取られることはないのでその感覚をつかめるかどうか。

OさんとKちゃんは基礎の中心立とは違うシチュエーションだが、中心に緩んだ剣が入ってくる感じが
かなりよかった。

杖初伝素振りの型を行ったが、初めて行ったHiさん、ほぼ手順を覚えた。
すごいものだ。

でんこ

00:18|Permalink

2021年08月28日

2021年8月21日(土)稽古

仕事が忙しく、すっかり週1となってしまって残念なところだが、
参加できると気を大事にしたいところだ。

いつもの小太刀の素振りから。
小太刀に乗ってのびのび、かつやるべきことをやる。
少し合わせも行ったが、要改良だがきちんとできると面白そう。

杖は初伝を通して行った。
打太刀を行ったが、ほぼみんな丁寧にやるべきことを確認しながらできていた。
7本目の応用、巻いて落とすのは、相手を容赦なく落とすのもありだが、
前回も書いたが、丁寧に行うと不思議な感覚でやはり抜かれる。
この感覚をきちんとつかめるかどうか。

Hoさんは7本目でまずは単純に中心を取るのは非常に丁寧にできていてよかった。

剣は初伝六太刀1本目は、打太刀がやるべきことに注目して
単純に大きく重さを乗せて斬ると、仕太刀が余計なことをすると割れなくなる。
仕太刀も余計なことをせずにやるべきことをやるだけ、それがある意味難しい。

立った状態での中心取などの攻防を久々に行ったが、たまに感覚を確認するのはよい。
Hiさんはほぼ初めてかと思われるので、はじめ頑張って押してくる感じは悪くない。
そこからいかに崩されずに相手に入っていけるか、かなり吞み込みがよいので、
少しやれば強くなりそうな感じはする。

でんこ

15:07|Permalink

2021年08月15日

2021年8月14日(土)稽古

雨が続いて洗濯物が乾きにくい。。。
残念な気分になりながら、稽古に参加。

受身で受けと取りを決めて行うものは、
特に受けで変な脱力はできているがつながりが悪いので、全体的に力を入れてつなげる感覚で
行ってみた。かけられたときのつながりはよくなっている。
これが今後固める方向にならないよう、緩みとつながりと意識を変えながら行っていきたい。

杖初伝7本目。突きを取り返す型だが、巻いて落とす方法での稽古を行った。
きちんと合わせられれば素早く巻いて落として相手につけられるが、
少しでもずれると相手とのぶつかりを生じる。
しっかり相手の杖と合わせたところから速度を上げずに巻いて落とせばたやすく崩せる。
慌てずに相手の杖の動きを感じて体で対応できるかどうかが肝心。

剣は中伝裏6本目。左右への動きがどうにも苦手で打ちに対する入りが
まっすぐ入りすぎてしまうため、要稽古。

居合は鞘引きの意識がなんとなくやってしまっている気がする。
最近あまり稽古できていないことからも、とにかく鞘引きを意識しすぎるぐらいして
1本1本丁寧に稽古しなおす必要がある。

めざしさんの中伝裏2本目や中心立など、剣をまっすぐ立ててくる感覚はとてもよい。
あとはその立てる感じが相手に入ってくるとなおよい。

でんこ

15:49|Permalink

2021年08月14日

2021年8月11日(水)稽古

最近残業規制が入ったので、稽古に参加できるかと思いきや、
会議が長引き、15分ぐらいやっと参加できた。

薙刀の6本目。
中心をとりつつ最後にしっかり斬り切る。
とにかく意識が大事。
この日は杖と薙刀で行ったが、杖でもきちんと行えば取り切れる。

最後に剣で柔らかく入りと受け。
受けつつも相手を取り続ける。相手の動きにムラがあったとしても
添わせつつ取る意識を持ち続けてつられた動きをしなければ、逆に取れる。

でんこ

16:25|Permalink

2021年8月7日(土)稽古

前の週は休んだため、少し空いての集中してフル参加した稽古。

杖は薙刀で工夫稽古をしている中の巻の稽古。
杖と体のつながり。返しの方向。
入りとの一致を使ってその流れに乗って返していくことも1つであり、
意識が一致していれば今のところうまくいくように思う。
返す方向を途中でとにかく変えないことが大切。

二刀は5本目?を重点的に。
打ちの先の打ち込みを許さずに大太刀からの打ち込みを生かす。
最後に上段からの打ち込みを流して取り切るところが慌ててしまっているため
落ち着いた対応をしていきたい。

自主稽古で久々に居合を確認した。
最近はゆっくりだが取る感じで動いているが、そればかりでもよくないので、
速くかつ取り切るような動きも少し確認したが、どうしても突っ込み気味になる。

めざしさんの杖の柔らかい受けと入りの感じはとてもよい。

でんこ

16:13|Permalink

2021年07月31日

2021年7月28日(水)稽古のこと

みなさまこんにちは!
稽古着の下のTシャツが古くなったので新しいものを買いました。襟元が襦袢のようになっているので、いい感じにフィットするといいなあ〜(通販お届け待ち)。

2021年7月28日(水)の稽古に参加しました。
回し杖の素振り、前に杖をまっすぐ構えてもらい、そこを目標に、縦の回転を当てていく練習。
大きな動きで正確に同じ場所に軌道を通すのはやっぱり難しい。
でも、大きな動きだからこそ?小手先の調整ができないのが、すごくいいなと思いました。
空振りしまくりです。
今の私がそのまま表現されてしまう。
それでも足の入れ替え位置、体の切り替えを丁寧に行うとうまくいく実感があった。
久しぶりの杖の型は、思い出せなくて大慌て。
家に帰って探したら、過去にまとめたメモがありました。次回までに思い出しておきます………。
二刀は、稽古あるのみです!
剣を持たずにやれば、腕二本が腕一本よりも強く受けられるのはよくわかるのに、剣を持った途端に一刀に負けてヘナヘナです。
剣を持った時の自分の中のいいバランスが、見つかる、といいのですが…。

でんこさん、相手を見続ける意識、本当に私に足りない。なんだかこういう基本のところがおろそかになっている気がします。ありがとうございます!

ますこ

17:19|Permalink

2021年07月25日

2021年7月24日(土)稽古

全然仕事が終わらないため休日出勤した。
早めに帰宅して稽古に参加。

受身はまだまだ感覚を思い出せていないため、
毎回重点的にやっていきたい。
ほぐす感覚で体を緩めながらの前廻受身、
また早いタイミングでの前廻受身と、いろいろとつかんでいきたい。

廻し杖は両手で持ったままで行ったが、
全身をまだ使い切れていずぶれてしまう。
相手の杖に当てる感じで初めてやってみたが、ぶれぶれ。
これがきちんとできたら体捌きがもう少しうまくできそう。

二刀は間と体との一致。
剣に振られないように、体をしっかりついていかせる。
というか、剣の動きに対して適応する体の緩みをしっかりさせておく。
型8本目は、小太刀で斬り払う動きが待ちすぎか。
打たせるか、先に取るか。
7本目?は誘うか小太刀を打たせるか。
どちらもありとのことだが、最適解はないのか。
その時の打太刀の呼吸にもよるところを見極めるか。

Oさん、杖の8本目など、少し気を付ければ感覚をつかむところがさすがである。
型に慣れて手元を見ずに自信が持てれば非常に良い。

Kちゃん、自信のなさが全体的にまだ出てしまっているが、
感覚が鋭く対応する能力が高いので、勉強になる。
それを生かして型になじんで取り切れるとよい。

ますこさん、
受身、ふわっとやろうとすればするほど身構えてしまうことが私なんかも多いので、
とにかく相手を見続ける、ということを意識していると、
意外と自分の居場所がわかってなんとなくできてしまうことがありますよ!

でんこ

20:12|Permalink

2021年07月12日

2021年7月10日(土)稽古

ますこさん、稽古でいろいろ工夫されているのはいいですね!
> 前にでんこさんのブログにあった、杖に隠れる
ううむ、最近記憶力が本当になくなっているので、書いたような気もするのですが、
杖に常に隠れるように心がけるのはよいと思います。
そうすると、万が一遅れて相手の打ちや突きが来てしまっても、
その場で当たらない対応が可能です。
言ってしまえば、その場で当たらないようにしてから動いてもいいぐらいです!

動画バトル、かなり先生が盛っていると思うのですが。。。
剣の遅れは体が動くようになってくると逆に剣をそれについてこさせようとして
遅れを生じることは多々あると思います。
剣を遅らせない、ただ手打ちにはしない、
ここは稽古あるのみだと思います。
(私も気を付けてはいますが、いまだにうまくいっていません)

10日は受身、杖、剣。
受身は最近対人で崩してもらうことを行っているが、
基本の受身を少し前までしばらくやらなかったこともあり、
受身を取ることに若干の躊躇が入ってしまいそうになる。
毎回少しでも一人で受身の練習をしたほうがよいと思った。
剣の初伝はやればやるほど奥が深い。
とにかくしっかり立てる、変にさばかない、というところを意識したい。

Hiさん、廻剣はまだ少ししかやったことがないが、
片手でとにかくこねないようにやってもらったところ、
形がきれいになってきた。
まずは肘を曲げないところからやってもらった。
しばらく肘は曲げないでやるのがよいかと。
肩から動かす感じですね、との感覚をつかんだようで、いい感じです!!

でんこ

14:39|Permalink